スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


中井氏、自民政権なら辞任=渡辺喜氏(時事通信)

 みんなの党の渡辺喜美代表は26日午後の記者会見で、中井洽国家公安委員長が福島県で震度5弱の地震が発生した14日に交際中の女性と映画鑑賞していたことについて「公安委員長、防災担当相という職責から考えても、SP(警護官)も付けずに地震のあった日におかしな行動を取っている。自民党(政権)時代なら即刻辞任だ。たがが外れた内閣だ」と批判した。 

<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
YOSHIKA 名曲『let go』含むライブベストリリース決定!
鳩山首相秘書の初公判 政治とカネ…くすぶる火種(産経新聞)
<国民新党>参院選比例代表にプロレスラー擁立(毎日新聞)
普天間移設、複数案提示へ=徳之島移転案も検討−鳩山首相、関係閣僚と協議(時事通信)

<トランスデジタル>架空増資事件 6人を告発…証券監視委(毎日新聞)

 IT関連会社「トランスデジタル」(東京都港区)による架空増資事件で、証券取引等監視委員会は26日、金融商品取引法違反(偽計)容疑で逮捕された金融ブローカーで同社の実質的経営者、黒木正博容疑者(44)と同社社長の後藤幸英容疑者(44)ら6人を東京地検に告発した。

 監視委によると、黒木容疑者らは08年7月に同社が実施した第三者割当増資の際、実際には見せかけの増資だったのに、新株の発行で約8億8000万円の資金を調達したように装い、投資家に虚偽の情報を公表したとしている。

【関連ニュース】
トランス社架空増資:黒木容疑者、暴力団に協力し復活
トランスデジタル:投資会社元役員を逮捕 架空増資事件
トランスデジタル:社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑
トランスデジタル:元役員逮捕 架空増資容疑
民事再生法違反:トランス社、増資の一部は架空か

<目薬>目パチパチはダメ 正しい点眼5%(毎日新聞)
郵政改革 亀井氏「もう決めたこと」と反論(産経新聞)
小さくても大きいんです 東武ワールドスクエアにスカイツリー登場(産経新聞)
<自民党>公明と溝、予算早期成立を許す 存在感示せず(毎日新聞)
鳩山邦夫氏の離党届を自民受理、処分は見送り(読売新聞)

「名前思い出せない」さい銭ドロに有罪判決(読売新聞)

 佐賀県基山町のほこらでさい銭を盗もうとしたとして逮捕され、窃盗未遂や窃盗などの罪に問われたが、一貫して氏名を明かさなかった静岡県出身、住所不定、無職松田宣明被告(34)の判決が23日、佐賀地裁であった。

 伊藤ゆう子裁判官は「氏名をかたくなに名乗らず、反省の弁も述べていない」と指摘。しかし、前科がなく、余罪も供述していること、被害金額が高額でないことなどを挙げ、「反省の態度を示さないことを重視して実刑に処することには躊躇する」として懲役2年8月、執行猶予5年(求刑・懲役3年)の有罪判決を言い渡した。

 判決言い渡し前、伊藤裁判官が「裁判所はあなたの名前を確認しているが、あなたは思い出せないということですね」と問いかけると、松田被告は「そういうことです」と答えた。

 松田被告は公判で、全国で車上荒らしを1000件ぐらい繰り返していたことを認め、「(さい銭盗未遂がみつかった時に)逃げればよかったと反省している」「盗みをやめるつもりはない」などと供述していた。

<日本鋼管病院>看護師勤務表、全員が「平日・日中8時間」(毎日新聞)
収賄の元みどり市課長に懲役2年=前橋地裁(時事通信)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(4)「防ぎようはなかったのか」(産経新聞)
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏(産経新聞)
「贋作」描いた画家に無罪=「自白信用できず」−頼まれ東山作品など―岡山地裁支部(時事通信)

<強風>足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場(毎日新聞)

 21日午前3時55分ごろ、京都市南区上鳥羽南鉾立町の阪神高速京都線建設現場で、橋脚を囲む金属パイプ製の足場(高さ約20メートル)2基が崩れた。強風が原因と見られ、うち1基がそばの電柱に寄りかかり、周辺約200世帯が最大4時間半停電した。

 京都府警南署の調べでは、けが人や交通への影響はなかった。

 京都地方気象台によると、京都市内でほぼ同時刻に15.1メートルの最大瞬間風速を観測するなど、20日夜から21日明け方にかけて強風が吹いていた。【木下武、熊谷豪】

【関連ニュース】
野焼き3人死亡:突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m
バックネット倒れる:母子下敷き、重傷 強風で 神奈川
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台
強風:21日夕にかけて20メートル超す風も
天気:降雪、強風で交通機関乱れる

アパート前で男女が言い争い=女性会社員の失跡直前−海岸の遺体事件・福岡県警(時事通信)
<公務執行妨害容疑>職質警官に暴力 米兵の女を逮捕 沖縄(毎日新聞)
<DNA>誤情報で逮捕状 登録データ別人 神奈川県警(毎日新聞)
KYB、臼井専務が社長に昇格(レスポンス)
普天間問題、未決着なら継続使用 米海兵隊司令官(産経新聞)

米次官補が訪日を突然中止 日程上の理由と国務省(産経新聞)

 【ワシントン=犬塚陽介】米国務省のクローリー次官補(広報担当)は15日の記者会見で、アジア歴訪中のキャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が17日に予定していた訪日を取りやめ、帰国することを明らかにした。改めて日程を調整するとしているが、対日政策の要となる国務次官補の直前の訪日中止は異例。

 日程変更の理由として、クローリー次官補は、首都バンコクでの大規模な反政府集会を理由にタイ訪問が中止となり、日程の再調整を迫られたためとしている。

 ただ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題などで日本政府側が迷走を続ける中、訪日しても具体的な成果を見込めないと判断したとの憶測も呼んでいる。

 キャンベル次官補は東京で、外務省幹部らと普天間移設問題や北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議などについて意見交換する予定だった。

【関連記事】
普天間問題で徳之島案浮上 県外固執のリスクも
肌で感じた「政権与党」の苦しみ
南の島が危ない 陸自配備の兆しなし
「三原則順守、米に無理強いしない」岡田外相
【軍事情勢】数字に込められた戦略上の意味
20年後、日本はありますか?

2月のエコポイント受付数と発行数、月単位で過去最多(産経新聞)
優勝メダル盗難か 秩父宮スポーツ博物館(産経新聞)
「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め女性遺体訴訟で都(時事通信)
東大寺 夜空焦がす「籠たいまつ」 担ぎ手の童子、勇躍(毎日新聞)
<NHK>草薙氏に100万円払い和解 報道めぐる訴訟で(毎日新聞)

主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見−米国(時事通信)

 米東部ペンシルベニア州の約3億年前の地層から、両生類のほぼ完全な頭骨化石が見つかり、新属新種に分類したと、カーネギー自然史博物館の研究チームが15日付の同館紀要に発表した。当時は現在と大陸の形や位置が異なり、発見場所は赤道付近にあった。気候変動で次第に乾燥し、陸地が拡大した時期に当たる。この両生類はもはや水中ではなく、主に陸上で活動していたとみられるという。
 頭骨化石は長さ11.5センチで、保存状態が良かった。発見されたのがピッツバーグ国際空港近くで、航空貨物会社「フェデックス」の所有地だったため、「フェデクシア・ストリエゲリ」と名付けられた。 

【関連ニュース】
【動画】恐竜2009〜砂漠の奇跡〜
特集・恐竜図鑑〜恐竜の起源、もっと古い?2億4千万年前の近縁新種化石発見〜
〔写真特集〕肉食のスピノサウルスなど出現! 恐竜2009 砂漠の奇跡
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
温暖化ガス25%減を明記=排出量取引、1年以内に制度案

<NEC部長自殺>業務と関係と労災認定 東京地裁判決(毎日新聞)
<自民党>栃木でネット投票 参院予備選(毎日新聞)
離党表明の邦夫氏、与謝野氏と意見交換 平沼氏との連携にも意欲(産経新聞)
<縁切寺満徳寺資料館>外国メディア取材相次ぐ 願い事書き「縁切りトイレ」に短冊流す姿など(毎日新聞)
<千葉大生殺害>学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)

「あかつき」など公開=5月打ち上げの金星探査機−宇宙機構(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は12日、神奈川県相模原市の宇宙科学研究本部で、5月18日打ち上げ予定の日本初の金星探査機「あかつき」と、太陽の光の力(太陽光圧)を帆に受けて進むソーラーセール実証機「イカロス」を公開した。
 鹿児島・種子島宇宙センターからH2Aロケット17号機で打ち上げられるあかつきは、観測カメラなど六つの機器を搭載。二酸化炭素に満ちた高温、高圧の金星大気の謎を調べる。
 ともにH2A・17号機に搭載されるイカロスは、打ち上げ後に14メートル四方の薄い樹脂製の帆を展開。世界初となる太陽光圧による宇宙空間の航行や、帆に張り付けた薄膜太陽電池による電力確保技術を実証する。これらの技術は、将来の無人惑星探査などに役立つという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

迫るトラック、友人が背中を押し 「自分を救ってくれたと思う」(産経新聞)
<窃盗容疑>AKB48ファン3人逮捕 撮影小道具など被害(毎日新聞)
<輿石参院議員>農地を無断で車庫や舗装路に 法律に違反(毎日新聞)
官房長官、ホワイトビーチ沖埋め立て案言及(読売新聞)
慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も(医療介護CBニュース)

「腰に違和感、右手を回すと血が…」 加藤被告に刺された瞬間「記憶ない」(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第4回公判】(7)

 《加藤智大(ともひろ)被告に腰を刺されて、下半身に障害が残った被害者のHさん。質問する検察官の様子は遮蔽(しゃへい)物でさえぎられ、見ることはできないが、Hさんははっきりとした声で質問に答えていく。その声は加藤被告も届いているはずだが、加藤被告は、Hさんが障害の状況などを細かく説明している間も、特に表情を変えることなく、弁護人の前の長いすに座り、机の上を見つめている》

  [フォト]前面がボコボコに…犯行に使われたトラック

 《検察官は、事件当時の状況を細かく聞き始めている》

 検察官「現場の交差点を横断した後、何がありましたか」

 証人「大きな音が後方でしました」

 検察官「どんな音でしたか」

 《当時の状況を思いだしながら、口ごもるHさん》

 証人「うーん…大きな石をたたきつけたような…そういうことはしたことはないんですが。石がコンクリートにたたきつけられたような」

 検察官「鈍い音?」

 証人「はい。ものすごい大きなごつい音です」

 《続いて法廷左右に配置された大型モニターに現場の交差点周辺の地図が映し出される。Hさんの前にも検察官から地図が示されたようだ。検察官は、現場の交差点のどこにHさんがいたのか、また加藤被告の乗ったトラックが、どこから来てどこで停車したのかについて図示を求めていく》

 検察官「(地図を)一目見て、場所が分かりますか」

 証人「はい」

 検察官「あなたが言った大きな音はどこで聞こえましたか。A1という感じで丸で囲んでください」

 証人「この辺です」

 検察官「中央通り沿いの現場の南側ですね? 後ろの方で音が聞こえて振り返ったんですね?」

 証人「はい。振り返って見ました」

 検察官「何を見ましたか」

 証人「トラックが横切るのを見ました」

 検察官「ほかには何を見ましたか」

 証人「人がトラックにぶつかり、たたきつけられるのと巻き込まれるのを見ました」

 検察官「それは別々の人ですか」

 証人「だと思います」

 検察官「何人見ましたか」

 証人「2人だと思います」

 検察官「トラックがはねた位置を書いてください」

 《Hさんはトラックの位置を図示しようとするが、トラックが動いていたためにどこの時点のトラックの位置を図示するのか悩んでいる様子だ。そのうち交差点の中心の左上に「トラック1」と書き込んだ》

 証人「右の方にソフマップの方に車が動いていきました」

 検察官「右から左ですか」

 証人「左から右ですね」

 検察官「倒れていた人の位置は書けますか」

 証人「トラック1の位置でぶつかりましたが、その後の位置は…」

 検察官「今おっしゃった様子を見てどう思いましたか」

 証人「普通の事故ではないなと思いました」

 検察官「どういうところからそう思ったのですか」

 証人「普通の信号無視ならブレーキを踏むと思いますが、踏んでいるようには見えなかったので。あと、前輪が浮いているように見えました」

 検察官「なぜ浮いていると思いましたか」

 証人「人を巻き込みながら宙に浮いているのかなと思いました」

 検察官「巻き込まれた人はどうなると思いましたか」

 証人「ただじゃすまないだろうな、と思いました」

 検察官「その後はどうしましたか」

 証人「トラックが左から右に抜けていくのを見て交差点に近づきました」

 検察官「トラックがどこに止まったのかは見ましたか」

 証人「マクドナルドの近くにトラックが止まったのを見ました」

 検察官「トラックが止まった位置を書いてください」

 《Hさんは地図上の神田明神通り沿いに、トラック2と図示した。ここで検察官の質問の内容は、現場の目撃者のHさんから、事件の被害者のHさんに移る》

 検察官「続いて被害にあったときのことをお聞きします。刃物で刺された記憶はありますか」

 証人「ないです」

 検察官「事件後に記憶がなくなったということですか」

 証人「いや、最初からないです」

 検察官「どんなことを覚えていますか」

 証人「倒れている人の所に向かう記憶と、怪しげな男の顔を見た記憶です」

 検察官「分かりました。怪しげな男はどの辺に?」

 証人「私の斜め後ろにいました」

 検察官「どのくらい(怪しげな男と)離れていましたか」 

 証人「多分1メートルくらいです」

 検察官「その男で覚えていることは何かありますか」

 証人「メガネをかけていました」

 検察官「正面から見ましたか」

 証人「横から見ました」

 検察官「その男が何かを持っていたのは見えましたか」

 《加藤被告がダガーナイフを持っていたのを覚えているのかを問う検察官》

 証人「見えないです」

 検察官「その後の記憶は?」

 証人「その男を見た後は…空を見ていました」

 検察官「あおむけに倒れていた?」

 証人「はい」

 検察官「そのとき何を思いましたか。何で空を見ているのかとか…」

 証人「はい。そう思いました」

 検察官「その後は、自力でうつぶせになろうと?」

 証人「空を見ていたときに、腰に違和感があり、右手を背に回すと血が付いていました」

 検察官「なぜ右手を背にやったんですか」

 証人「いや、何か違和感があって」

 検察官「それ(手に付いた血)を見てどう思いました」

 証人「瞬間的に刺されたんだなと。周りを見ても状況がつかめなかったです。下半身がピリピリして全然動かないと感じました。そのときは(けがの状態が)大変なことだとは思わなかったです」

 検察官「ほかに何か覚えていますか」

 証人「何人かが助けてくれたのを覚えています」

 検察官「助けてくれた人を覚えていますか」

 証人「何人かが助けてくれました。(現場近くの家電量販店)ソフマップの店員のメガネの方と、買ったばかりの白いTシャツを使ってくれと言ってくれた人と、後でテレビを見て分かったんですが、四国の病院関係者の救護に当たっていた人を覚えています」

 検察官「その人たちにはどう思いますか」

 証人「感謝というか、うれしく思っています」

 《事件現場では、加藤被告によって傷つけられた人を助けようと、多くの人が救護活動にあたっていたという。Hさんは、自分の命を救ってくれた人々がいたことを鮮明に覚えていた》

=(8)に続く

【関連記事】
(6)「脊髄切れて足の感覚ない」「痺れも残る」…赤裸々に語る被害者 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(5)「一生車いす」医師の言葉を信じられぬ被害者「本当かよ?」 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(4)「被害者の恐怖や痛みを味わい死んでほしい」涙声で極刑を求める証人 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(3)「死線をぎりぎりすり抜けた」震える声に法廷内は… 秋葉原殺傷第4回公判ライブ
(2)「ゲームの決着をつけたい…」友人を失った大学生 秋葉原殺傷第4回公判ライブ

八王子署員が交通事故 2人重軽傷 警視庁(産経新聞)
一家4人死亡 長男、長女も銃で(産経新聞)
阿久根市長、議場に姿=閉会間際で流会に−鹿児島(時事通信)
池谷氏「選挙カーの上で倒立」…参院選出馬表明(スポーツ報知)
災害医療で「医師会JMAT」を提案−日医委員会(医療介護CBニュース)

京都府警 世界遺産周辺の組事務所開設厳禁 条例を提案へ(毎日新聞)

 京都府警は、金閣寺や清水寺など世界文化遺産に登録されている京都府内の文化財周辺への暴力団事務所開設を禁じる条項を盛り込んだ府暴力団排除条例を提案する方針を固めた。祇園のスナックなどでの組員雇用も禁じ、府発注の公共事業受注には暴力団との無関係を誓約させる。1年以下の懲役や50万円以下の罰金など罰則も設ける。意見募集を経て府議会に提案し、来年4月施行を目指す。

 府警によると、不景気のあおりを受け、祇園や木屋町では撤退する飲食店が続出。空き店舗への組関係者の出店や、従業員の組員による威圧的な客引きが観光客らに不安を与え、排除を求める機運が高まっていた。

 金閣寺や清水寺、東寺、二条城など世界遺産のほか南禅寺など著名寺院の周囲200メートルでも規制する。【田辺佑介】

【関連ニュース】
<写真特集>日本の世界遺産
御室桜:京都・仁和寺の名勝、クローン技術で増殖 住友林業が成功
御室桜:クローン技術での増殖に成功 京都の仁和寺の桜
二条城:修理に浄財募る 50億円目標、寄付者に「城主手形」−−京都市 /京都
指定暴力団:稲川会の角田会長が病死

<海老蔵さん・麻央さん>婚姻届を提出(毎日新聞)
借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に−同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
官房長官も「トラスト・ミー」、駐日米大使に(読売新聞)
亀井氏、企業・団体献金禁止に猛反発(産経新聞)
政府案は複数の場合も=月内にたたき台−平野官房長官(時事通信)

阿久根市長、議会出席拒否続ける=社名挙げ「カメラ禁止を」(時事通信)

 傍聴席に「一部マスコミ」がいることなどを理由に4日の市議会本会議への出席を拒否した鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は、5日午前も本会議への出席拒否を続けた。同日は4日に続き、午前10時から2010年度当初予算案の総括質疑が予定されていた。
 竹原市長や市幹部は、控室に入ったまま、本会議場に姿を見せなかった。また、市長は5日、新聞4社とテレビ1社を名指しし「議場へのカメラ持ち込みを禁止していただくよう要請します」との要求書を議長に提出した。
 要求書で竹原市長は「商用報道機関(マスコミ)が、事実やわたしの発言とは異なる報道をするなどして世論を創作していることを懸念し、庁舎内での撮影を禁止し、撮影については許可を取るように求めた」と説明。その上で「マスコミ各社に対して、創作や偏向報道をやめること、庁舎内の撮影には市長の許可を得ることの申し入れをされることを希望します」などと訴えている。 

無利子預金の存在を確認=運用益、米に提供可能性−沖縄密約(時事通信)
鳩山首相、小沢氏との距離否定=「これからは頻繁に会う」(時事通信)
<参院予算委>小林議員辞職要求に首相「本人の意思の問題」(毎日新聞)
<日比谷線>事故から10年 関係者が冥福祈る(毎日新聞)
ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
クレジットカード現金化
競馬情報
探偵
ショッピング枠現金化
ネットビジネス
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    AtoZ (08/26)
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    志波康之 (01/14)
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    桃医 (01/08)
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    ソルバルウ (01/03)
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    サキューン (12/29)
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    ナーマソフト (12/25)
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    まろまゆ (12/20)
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    モグモグ (12/18)
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    ちんたまん (12/05)
  • 医療法人の現状と課題、6月にアンケート調査―四病協(医療介護CBニュース)
    さもはん (11/27)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM